婚活サイト・アプリ

結婚相談所と婚活サイトの比較、どこが違う?どっちがいいの?

結婚相談所と婚活サイト、どこが違う?

30代で本気に結婚をお考えの女性に、結婚相談所で出会える期間料金や格安の結婚相談所などご紹介してきました。

いまの婚活では、もう少し気楽に使えるツールとして「婚活サイト」の人気が高いです。スマホからダウンロードした婚活アプリで簡単に会員登録もできるようになっています。

そこで、「結婚相談所と婚活サイトってどう違うの?」と疑問のある方も多いでしょう。こちらで内容など比較してみたいと思います。

1)結婚相談所は早く結婚したい女性におすすめ

「結婚相談所」にはコンシェルジュやアドバイザーと呼ばれる「仲介人」がおり、あなたとマッチング率の高い男性を抽出して、アドバイスもいただけます。自分だけで相手を探すよりも、よりスピーディーに相性のいい相手と出会うことができます。
半年から1年以内の結婚を目指すなら、結婚相談所との相性がいいことになります。

婚活サイトでは、男性のプロフィールや顔写真を自分でチェックし、気になる相手にアプローチすることになります。自分の力で選ぶことになり時間を要しますので、結婚までのスピードは遅めです。

また、婚活サイト(アプリ)を利用する年齢層は、20代~30代前半など比較的若い方がメインです。
どちらかというと自然な恋愛に近い形ですので、「自然な出会いから恋愛して、結婚したい!」という人と相性が良いことになります。

2)費用が安く出会えるのは婚活サイト

結婚相談所では入会時にプロフール用の写真撮影や詳細はデータ作成のために、初期費用が発生します。入会金や初期費用といった名目で10万円程度、入会時に必要となります。

代表的な結婚相談所で見てみると

  結  婚  相  談  所  名  入 会 金  初 期 費 用
楽天オーネット   30,000円   76,000円
パートナーエージェント   30,000円   95,000円
ツヴァイ   30,000円 115,000円
ゼクシィ縁結びエージェント   30,000円           0円

≫ 結婚相談所の料金について詳しくはこちら

一方、婚活サイトでは入会金など無料で開始できるサービスが大半です。また、女性の場合は毎月に活動費(月会費)すら発生しない場合もあります。

「恋人は欲しいけど、あまりお金をかけたくないかも・・」といった場合は、まずは婚活サイトでスタートしてみるのが良いでしょう。
※「ゼクシィ縁結びカウンター」が22019年4月から「ゼクシィ縁結びエージェント」に名称変更しています。

3)登録ユーザー(会員)数の多さでは婚活サイトが圧倒

次に、会員登録しているユーザーの数を見てみましょう。

結婚相談所では、全国規模の有名サービスから地域限定の結婚相談所まで様々です。大手の結婚相談所をピックアップしてみます。

結婚相談所 登録者人数(男性、女性)
楽天オーネット 49,343人(男性27,458人、女性21,885人)
エン婚活 24,853人(男性12,051人、女性12,802人)
ゼクシィ縁結びエージェント 23,400人(男性10,062人、女性13,338人)
パートナーエージェント 11,508人(男性5,097人、女性6,411人)

お相手の男性だけみても、大手では1万人以上の方が登録しています。

一方、婚活サイトに登録している人数は結婚相談所より大幅に多くなります。代表的な婚活サイトでは、下記のようになっています。

婚活サイト(アプリ) 登録者人数(男性、女性)
ペアーズ 94万人(男性74万人、女性20万人)
with(ウィズ)  約63万人(男性40万人、女性22万人)
ゼクシィ縁結び 約34万人(男性17.8万人、女性16.2万人)

スマホから婚活アプリをダウンロードするだけといった手軽さから、登録者数が激増しています。また、入会金など初期費用ゼロ、月額料金も安いなど金額面も大きな要素でしょう。

このように、会員数で比較すると結婚相談所と婚活サイトでは圧倒的に婚活サイトが有利に見えます。

4)結婚への本気度では、やはり結婚相談所が有利

では、相手の結婚への本気度という点を考えてみます。39歳ともなると、できるだけ早めの結婚(婚約)を目指しています。
すぐにでも結婚したい相手を探せる、という点では「結婚相談所を選ぶべき」という結論になります。

理由として、比較的高いお金を払ってでも結婚相手を探したい人が結婚相談所を利用します。十万円以上使って「まずはお友達からじっくりと…」という男性は少ないはずです。

また、結婚相談所には仲介人(コンシェルジュなど)が付くのも心強いです。様々なデータや過去のカップルの実績から、一番相性の良さそうな相手を紹介してもらえます。
自分では気づかなかった部分や、将来的な結婚まで視野に入れてアドバイスを受けることができるでしょう。

一方、婚活サイトでは「交際(お付き合い)相手を見つける」というのが第一目標となります。まずはデートしてくれる相手(恋人)を見つける、顔などの好みの女性から探す、といったライトな感覚の男性が大半です。

もちろん交際を重ねゴールインするカップルも少なくありませんが、ある程度の交際期間は必要となるでしょう。

まとめ

婚活サービスに異性の登録人数が多いほど、出会える可能性は高くなります。ただ、実際に候補となるのは数人、多くても十数人になりますので全体の登録者数はあまり意味がありません。

人数よりも、自分の希望する条件や年齢層・本気度といった男性の「質」が自分にピッタリくる婚活サービスを選ぶべきでしょう。